ガイア・地球に生きるスローライフの日々と民族楽器の音と・・スローライフを生きています
こんな夕暮れに
インド音楽シタールの奏者伊藤公朗ファミリーバンド<Anjali Band>のライブ映像をアップしました。
ヒマラヤのナーダヨギから受け継いだメロディーにインドの農村風景(日本の山里にも繋がり)を歌います。
インドの詩人ラビンドラナート・タゴール、「園丁」から。
スヴァラマンダラ:伊藤公朗
ヴォーカル:伊藤美郷
ギター&コーラス:伊藤快

 

 

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

posted by Anjali Music | 15:05 | ミュージックライフ | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャズピアノとインド音楽シタールのほとんど即興ライブ

2012年5月、甲府桜座で企画していた<シタールファンタジア>のVOL.10。
最初は数年前、友人宅での新年会で、ピアニスト大口純一郎氏とプライベート空間での音遊びでしたが・・。

いかがでしょうか・・ぜひお聴きください。(インド音楽シタール奏者伊藤公朗のサイト

 

 

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:No Music, No Life

posted by Anjali Music | 09:31 | ミュージックライフ | comments(0) | trackbacks(0) |
第2回音とアートのワークショップ

音とアートのワークショップ

 

 

☆音とアートのワークショップは、アーティストとして活 動する夢や喜びをみんなでシェアするライブイベントです 。「何だか気になるな〜と」感じたら、思い立ったが吉日 ♪ どうぞ参加してみてください。みんなで叶えよう〜み んなの夢。

 

5月27日(土)
at:<杜のホールはしもと8F>
神奈川県相模原市緑区橋本3−28−1

シタール:伊藤公朗
アンジャリバンド<ANJALI BAND>
シタール: 伊藤公朗 ・唄・タンブーラ:伊藤美郷・ギター&コーラス: 伊藤快 

start:18:30~21:00
参加費:¥2000
ご予約・お問い合わせ:info@slowna.com /090-6527-9450(西田)
主催:スローナミュージック(株)

 

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

 

 

posted by Anjali Music | 18:30 | ミュージックライフ | comments(0) | trackbacks(0) |
信州上田の<ご縁花咲く聖天祭>@海禅寺

 真田昌幸公が上田城鬼門除けの寺として海禅寺を建立して以来、境内にてお守りしている聖天さん。 聖天さんとは、象の頭を持ったインドがルーツの神様で、密教独特の仏様です。
  また十一面観音と双身(夫婦の姿)で祀られ、あらゆる神仏の中で最も強い力を持つと言われています。 特に金運・商売繁盛、恋愛・良縁成就、夫婦和合・家族円満、子授け、学業成就に霊験あらたかです。 そうした聖天さんにご縁を持っていただくために開く、聖天祭(しょうてんまつり)は今年で6回目となります。

 

  わたし達ANJALI BAND(アンジャリバンド)も本堂で演奏をさせていただきます。聖天様に心からの感謝でいっぱいです。毎年盛況の「まんだらマーケット」、今年も盛りだくさん!日曜日はぜひ信州上田の<聖天祭>で心豊かなひとときをお過ごしください・・・!!

http://kaizenji.jp/cms/wp-content/uploads/2017/05/seitenmatsuri2017-748x1024.jpg

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:No Music, No Life

posted by Anjali Music | 10:06 | ミュージックライフ | comments(0) | trackbacks(0) |
悲しみの底にいたパティ・スミスを救ったボブ・ディラン

悲しみの底にいたパティ・スミスを救ったボブ・ディラン(TAP the POP より)

 


最愛の夫、そして実の弟。
わずか1ヶ月の間にパティ・スミスは大事な家族を2人も亡くした。

 

1975年に『Horses』でデビューしたパティは、ニューヨーク・パンクの中心で活躍するも、1980年に元MC5のギタリスト、フレッド・スミスと結婚、子育てに専念するため音楽活動を休止していた。

 

 

 

 

 

 

 

悲劇が訪れたのは1994年11月4日。

パティはアーティスト活動を再開し、夫のフレッドと一緒に新作アルバムの制作に取り掛かっていた。

だがその日、フレッドは心臓発作により45歳という若さで突然この世を去ってしまう。 独り残されたパティを、マネージャーでもある弟のトッドは付きっきりで懸命に励まし続けた。

 

だが、今度はその弟までもが脳溢血であの世に旅立ってしまったのだ。 パティは悲しみの底に沈み、アルバム制作は中断してしまう。 年が明けると、パティは少しずつイベントなどでファンの前に姿を見せるようになった。 だが夫と一緒に作っていたアルバム制作だけは再開することができなかった。

 

そんなある日、パティのもとに連絡が入る。 彼女が最も尊敬するミュージシャン、ボブ・ディランからで、一緒にツアーを回らないかという相談だった。 それは前に進むことが出来なくなってしまったパティへのディラン流のエールだった。

 

「パラダイス・ロスト・ツアー」(失われた楽園)と名付けられたそのツアーは1995年の12月7日から10日間に渡って催され、2人によるデュエットも実現する。

ディランが「自分の曲から好きなものを選んでくれ」と提案すると、パティは「Dark Eyes」という曲を選んだ。

 

「あまり知られていない歌だけど 本当に詩が美しいのよ」

 

知られていないのは当然で、それはディランがもっとも歌うのを苦手とする曲の一つであり、ほとんど人前で歌ったことがないからだった。

「上手く歌えないんだ。どのキーにすればいいのかがよく分からなくてね」

だが、ディランはパティの選曲を断ることはしなかった。


私は別の世界に生きている
そこでは生と死が忘れられることはない
地球は愛の真珠で結ばれ
見るもの全てが暗い瞳をしている

 

 

ディランとのツアーをきっかけに、再び前に進む力を手に入れたパティは作りかけのままだったフレッドとのアルバム制作を再開し、翌1996年7月に8年ぶりとなるアルバム『Gone Again』を発表するのだった。

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

 

posted by Anjali Music | 13:27 | ミュージックライフ | comments(0) | trackbacks(0) |
ガイアのうたInformation
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
CATEGORIES
NEW ENTRIES
おすすめ本


☆ガンジス河上流の聖地で、ナーダヨギという音楽修行僧に弟子入りした5年間の生活を、綴りました。インドのこと、音楽のことを楽しく語ったとてもユニークな本です。
おすすめCD
Anjaliのうた
<ANJALI BAND初CD
Anjaliのうた>

心をつなぐ歌
<こころをつなぐ歌>

alaknanda
<シタールソロ・ALKNANDA アラクナンダ>

yatri2009
<大地のうた・YATRIヤトリ>
LINKS
MOBILE
qrcode
Search this site