ガイア・地球に生きるスローライフの日々と民族楽器の音と・・スローライフを生きています
少し遅いけど、今年の決意!?
 ここ数日前から、朝早く小鳥のさえずりが届くようになってきた。
まだ寒い日が続くが、日に日に春が近づいてくる気配を感じる。
 家の向かいの南アルプスの山々に沈む夕日を見ている限りでは、のどかで平穏そのものと言った空気が満ちている。

 しかし、この空気中に果たしてどれほどの放射性物質が含まれているのか・・と、現実に引き戻されてしまう。

 何事もなかったかのように、国民を見殺しにする政府。
風見鶏さながらの大手マスコミ。

 いったい日本、いや世界中の国々はどこを目指しているのか?

 真実味のない、恥ずかしくなるような言葉だけが飛び交い、中はスカスカ。
それに乗せられ、さも分かったように頷く救いようのないバカな国民。
 このままでは、これから大きくなろうとしている子ども達には、夢どころか、苦しみしか残せなくなる。
 ・・・などと、昨年の3月11日以降、怒りが治まらないので、困っているのだが、
いつまでも怒りに身を任せているわけにはいかない。

 僕は、音楽を通して感覚を研ぎすまし、ハッピーな思いを共有するという、
あいまいなことしかできない。

 この世界には確かなことなんか何もないんだから、あいまいなことの中に真実があるような気がする。

 そんな訳で、1年程活動らしいことをして来なかった。

この春からは元気に音を発信して行こうかなと、決めた。
まずは、空海の地である四国に行くのだが、その前に兵庫県の養父市にあるお寺で、
3月20日に演奏する。
 この但馬妙見 日光院というお寺のご住職は、お医者さんでもあり時々、衣を着たまま病院内をかけずり回ることもあるそうだ。
聞くところによると、中々の名医らしく、たいへんに素敵な方である。(まだ若い!)

 その後、高知県の中村市で福島から避難されている家族を受け入れている古い友人のところで、演奏予定。
 今は3〜4家族を受け入れているとのこと。
その友人は、中々行動力のある人でまた超ユニークな人物。
面白いネタがつきない。
その彼の話だけで、メルマガが何号も発行できるくらいだ。

 四国に渡るたびに、八十八カ所参りをいつかしたいなあ・・と、思うのであるが、金と時間に余裕のない僕には無理な気がする。
 実際、金と時間に余裕がある人が、お遍路をしている。
あとは、よほどの訳あり人である。

 インドを旅する感覚で、バックパッカーがお遍路をする姿を見かけるが、
これも一つの楽しみ方としてヨロシイと思う。
 うどんツアーと遍路を両方楽しむ連中もいるが、これも楽しみ方としてはヨロシイ・・
・・ご利益さえ求めなければ。

 うどんも塩がたっぷり入っているので、讃岐地方では塩分取り過ぎで、それによる病気が
蔓延しているとのこと。
 まあ・・そうは言っても、マクドナルドのピンクスライム肉に比べれば、至って健康食品である。
 ピンクスライム肉とは、飼料用の1kgの肉が1.5kgになる程に、いろ〜んな添加物が入ったえげつな〜い肉のこと。
 ちなみに、ケンタッキーフライドチキンはホルマリン漬けにされている。
こんなん食べてれば、死んでも体は腐らないわけだよ。

 今では、これに加えて放射能だ。
東北の瓦礫は放射能に加えて、アスベストが飛び交っている現実。
罪な国だよ、まったく。
「責任者、出てこ〜い!!」と叫びたくなるけど
責任者が無責任だから、出てきてもらっても困るよナ!

 あ〜、またまた頭に来ることばかり浮かんでくる
・・・イカン!
これは座禅と同じだ。
頭に浮かんだ思いに捕われている。
 その点、音楽は、禅を組むより、頭をカラッポにし易いと感じる。

 演奏家は楽器を奏でるたびに、無の状態でいる時間が長いのだから、高僧のように賢くなるはず。

・・だが、現実にはアホばかりだ。
どうしてかなあ。
 アホの脳ミソで考えても、答えが出るわけないな。

・・・と、こんなことを考えながら、
「元気で音を飛ばしていこう」と、一歩踏み出すところである。

 生きてゆくことは即興的なのだ。
死ぬことも即興的なのだ。
白地のキャンバスの上で生きていくのだ。

 遠くに、かすかに感じられる光のようなものに向かって・・・

               (文責:伊藤公朗)


追伸:
3月後半の関西、四国ツアー期間(〜3月30日)に、演奏会、ライブなど企画していただける読者の方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡をお願いします。
よろしくお願いします。  mail@anjalimusic.jp


☆ライブ情報:http://www.anjalimusic.jp/html/live.html  

2月15日(水)<北インド古典音楽>
players: 伊藤公朗:シタール ・伊藤礼:シタール

at:<音や金時> 東京都杉並区西荻北喜志コーポB1 Tel:03-5382-2020
open:18:30
start:19:30
charge:¥2300+オーダー

3月2日(金)<古典ポラリー>
players: 伊藤公朗:シタール ・天田透:バスフルート&コントラバスフルート他
ベース:境田雅昭 ギター:伊藤快

at:<音や金時> 東京都杉並区西荻北喜志コーポB1 Tel:03-5382-2020
open:18:30
start:19:30
charge:¥2600+オーダー

その他のライブ情報は近日中にアップいたします。



☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキング

posted by Anjali Music | 12:46 | 公朗の日常秘話(メールマガジンより) | comments(0) | trackbacks(0) |
2011年最後のメルマガになりました
 オカシな世の中になってきたものだ。
先日、こういうネット販売を目にした。
その名も「メンズブラ」 そのものズバリ、男性用ブラジャー。

写真を見る限り女性用ブラよりも、カップの部分が小さめだが
他に何ら変わりはなさそうだ。

どんな男性が使用するのか、想像してみる。

まず思いつくのは、オ・カ・マちゃん。

その次の候補としてあげられるのは
メ・タ・ボのおっさん。

次は女装をすることで満足する変態・・と、いくら想像力が豊かな人でも、
他に使い道は思い当たらない。

昼寝の時に、両目に当てる(かぶせる)という使い道もありそうだが、
ちょっとヘンである。
というよりも、もう変態の領域に入ってしまう。

ひと昔前、少年ジャンプに変態仮面というマンガが連載されていた。
主人公の青年が、パンティを被って悪者をやっつける、というストーリー。

話の最後はいつも、悪者に向ってジャンプして
相手の顔にオチンチンを押し付けてギャフン!と言わす・・・
完璧な変態行為だが、悪者を懲らしめる
正義の味方だから、サポーターも多い(と思う)

話は少しそれたが、
メンズブラという発想自体、変態行為に等しい。

どう考えても、正常な使用方法は
僕の小さな脳ミソからは出てきそうにもない。

3月11日以降の政府、東電、御用学者、大手マスコミ企業(もちろん例外もある)の対応を見ていても、ウソが平気でまかり通る世の中。
男性ブラなんて、カワイイお遊びなのかも知れない。

あっ、そうそう、
野田首相なんか、あの顔つきを見てると
小さめの黒いブラを、サングラス代わりに着けると似合いそうである。
          (文:公朗)


奇形の花2 日本はこれからどこに向おうとしているのでしょうか。

3月11日以降、福島原発事故終息の行方、
大震災に見舞われた方々のこれからのこと、
沖縄のこと、TPPのこと等々・・
一刻も早く希望の光りを見いだすことに心が離れません。

そんなことで、メルマガの発行回数も、極端に少なくなってしまいました。

また引き続き、
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。


Anjali Indian Music
伊藤公朗・美郷


☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキング
JUGEMテーマ:日々のくらし

posted by Anjali Music | 13:07 | 公朗の日常秘話(メールマガジンより) | comments(0) | trackbacks(0) |
6.11脱原発デモ!


 昨日、6月11日全国で脱原発デモが決行された。
僕は甲府にいたので、八ヶ岳南麓、長坂のデモに参加。
午前中は雨がちらついていたものの、お昼近くには雨も止み暑くなってきた。

 長坂は小さな町だが、参加者150人ほどで予想していたより多かった。そのほとんどが若者たち。

 デモ後、近くの友人の店に立ち寄った。
八ヶ岳近辺に住んでいる僕たち世代の友人は、20年以上も前から脱原発運動を日本各地でやってきている。友人の店でも、原発の話が。

 古い友人で、白州在住の作家おおえまさのり氏宅で、放射線を計ると平常値だったということで、少し安心して気にせず呼吸ができるように感じた。

 そのあたりは標高があるので、夏でも涼しく、田植えもまだ(我が家あたりはすでに終わっている)なのに・・・蛍もまだ飛んでいない時期なのに、どうしてか蝉が鳴いていた。
明らかに、順序が逆。
何か恐いものを感じる。

 放射能は着実に、自然界のサイクルに影響を与えている。福島原発事故からほぼ3ヶ月近く経って、すでに静岡の茶葉を超え、つい最近では和歌山県でかなり高い濃度の放射能が検出されたという。
 
 「原発銀座」と言われる若狭湾をはじめ、日本列島はどこにいても原発からの距離は数100キロ圏内。
政府発表の放射線値もまったく当てにならないように感じる。
これからは「一家に一台ガイガーカウンター」が現実のものとなる可能性が大である。


 しかし、心配ばかりしては心身ともに良くないので、可能な限り笑顔を忘れず生きてゆくことが、最も大切だと感じる。 
 病気だって、笑顔で楽しく生きる人は影響されなくてすむ。

 僕も正直、原発事故が起こった3月からしばらくはショックで落ち着かなかったが、いまはこれまで以上に音楽の大切さを感じている。

 心に栄養を与える音楽のすばらしさを伝えてゆければと思っている。

 
☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキング
JUGEMテーマ:原発

posted by Anjali Music | 12:41 | 公朗の日常秘話(メールマガジンより) | comments(0) | trackbacks(0) |
父と息子たち
 親父がシタール演奏という、あまりお金にならないことを仕事としていたので、
二人の息子たちはおそらく、もっと堅実なサラリーマンもしくは公務員などの職業を選ぶだろうと思っていたが、それぞれ音楽の道を選んだ。

 長男快はギター弾き語り、次男 礼は僕と同じシタール。
二人ともまだ音楽活動を始めて間もない。

 快は僕と美郷のデュオのサポートを2006年からしていた。それまで僕たち親は、快がギターを弾いていることさえ知らなかった。
そして、一昨年2009年から自作のオリジナル曲を作り、歌いはじめた。

 礼には、小学5年生のとき、「カエルのうた」、「ゲゲゲの鬼太郎」をシタールで弾くのを教えた。
その後は、虫食いの葉っぱのように、シタールに触ったり、長いあいだ触らなかったり・・再び真剣に触り始めたのは、大学卒業後。
そして昨年5月から、人前で演奏をするようになった。

親子ライブ

 今では、僕と快、僕と礼、快と礼、
そして3人で親子狂乱ライブなるものもやっている。

3人で演奏していて良いところは、親子なので、気心がわかっているので楽である。
ギャラの心配も、それほどしなくていいし、車も運転してくれるし。

 よく「親子で一緒に音楽されてて、良いですねえ・・」と、言われるが、
うちの場合は、自然とこうなったと言うしかない。

運命共同体のようなものである。

 二人が幼いころから、よく演奏ツアーに連れ回していたから
音楽を始めたのは、ごく自然のなりゆきであろう。

 音楽にジャンルはなし。
心の底から響き出る音を紡いでいくだけだ。
                   


伊藤快ブログ:猫のおなか
伊藤礼ブログ:シタールの半分はかんぴょう


<3月のスケジュール>

☆3月10日(木)<北インド古典音楽>
players: 伊藤公朗:シタール ・吉見征樹:タブラ

at:<音や金時> 
 東京都杉並区西荻北喜志コーポB1 Tel:03-5382-2020
open:18:30
start:19:30
charge:¥2300+オーダー


☆3月12日(土)<伊藤快ギター弾き語り>
players:伊藤快:ヴォーカル・ギター 柏原輝:ベース (from Mt.Delicious) 伊藤礼:シタール

at:<桜座カフェ>
山梨県甲府市中央1-1-7  Tel:055-233-2031
open:19:00
start:19:30
charge:¥2000(1ドリンク付き)


☆3月18日(金)<ラーガと大地のうた>
players: 伊藤公朗:シタール ・伊藤美郷:大地のうた ・伊藤快:ギター&コーラス

at:<カフェ・パーゴラ>
神奈川県座間市相模が丘4-27-10  Tel:046-205-9213
start:19:00
charge:¥2000+オーダー


☆3月19日(土)<ラーガと大地のうた>
players: 伊藤公朗:シタール ・伊藤美郷:大地のうた ・伊藤快:ギター&コーラス

at:<土瑠茶>
埼玉県さいたま市浦和区仲町4-11-14   Tel:048-861-1755
open:18:00
start:18:30
charge:¥3500(1ドリンク付き)


☆3月20日(月)
players: 伊藤公朗:シタール ・チカ:ヴォーカル・伊藤快:ギター弾き語り

at:<カイラス・ヴィラ> 東京都中央区日本橋人形町三福ビル2F   Tel:03-6206-2708
プライベートパーティです。


☆3月21日(月)
players: 伊藤公朗:シタール ・常味裕司:ウード

at:<音や金時>
東京都杉並区西荻北喜志コーポB1 Tel:03-5382-2020
open:18:30
start:19:30
charge:¥2300+オーダー


☆3月24日(木)<シタールジュガルバンディによる北インド古典音楽>
players: 伊藤公朗:シタール ・伊藤礼:シタール

at:<Cafe MURIWUI>
東京都世田谷区祖師谷4-1-22-3F  Tel:03-5429-2033
start:19:00
charge:投げ銭


お待ちしてます・・


☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキング
JUGEMテーマ:No Music, No Life

posted by Anjali Music | 14:21 | 公朗の日常秘話(メールマガジンより) | comments(0) | trackbacks(0) |
<親子狂演・・狂宴ライブ!!>at 北千住
cosmicsoul 
 僕には、息子がふたりいる。

 長男・快が3歳前、次男・礼が1歳3〜4ヶ月のとき、インドへ家族連れで行った。

シタール修行のためだ。


 そのときは、ほぼインド亜大陸の真ん中、デカン高原にある古都で、アーンドラプラディッシュ州都ハイデラバードの音楽大学に入学した。
これはビザの関係だが。


その大学でシタールを教えられていたK.アトマラーム氏に
師事するためだった。

アトマラーム氏は、僕がヒマラヤで弟子入りした
聖者・ナーダヨギの師のお孫さんである。

 その頃アトマラーム氏の家は、ハイデラバードの中心街にあって
ハヌマーンを本尊として奉るヒンドゥー寺院だった。
そして僕たち家族は、その境内にある小さい家に住まわせてもらった。

広い境内にはイムリの大木がそびえ立っていた。

毎日のように、近所の息子たちと同じ年頃の子どもたち5〜6人が
境内に集まり、一緒に遊んでいた。

 それから25年の歳月が過ぎ、
長男・快はギター1本で、オリジナルの歌をうたい
次男・礼はシタールの演奏をスタートした。

こんどの日曜日、6日に北千住の「コズミックソウル」で
親子3人の共演・・狂演・・狂宴・・ライブをすることに。

僕と礼はインド古典をシタールジュガルバンディ(2重奏)で、
快は自作の曲を・・
そのなかにシタールが乱入・・・


楽しいライブになりそうな気がする。


☆2月6日(日)
at: コズミックソウル
東京都足立区千住--1-22-9   Tel:03-3882-7050

open: 18:30
start:19:00

charge:¥2500(自家製パン付き)+オーダー

☆JR「北千住」駅西口下車徒歩10分ほどです。
 お待ちしています・・


☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキング
JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

posted by Anjali Music | 14:06 | 公朗の日常秘話(メールマガジンより) | comments(0) | trackbacks(0) |
アラシニマケズに来てください!!

2010/10_26録音1

 先日10月26日、甲府にある我が家で、新曲のレコーディングをした。
メンバーは僕と快と奈美ちゃんの3人。

いつも僕のCDの録音をしてくれるタカと、そのアシスタントのモエちゃんが、朝早くから手伝ってくれた。

 前日は小雨で寒かったが、その日は晴れて日中は思ったより暖かくなり、立川からやって来る奈美ちゃんを待って午後から始めたレコーディングは、8時頃には終了した。

夕方には、やはり寒くなり今年初めてのストーブをいれた。

レコーディングと言っても、アルバム作りではなくて、言ってみればデモ音源。

新しい曲は、奄美大島のSさんという方が、初めて「詩人会議」に応募した詩が、ナント!1位になったもの。

Sさんに了解を得て、曲にした。

2010/10_26録音2
奄美島唄とは、ちょっと雰囲気がちがうロック調。

なかなか楽しい曲に
仕上がった。

作曲は、長男。







2010/10_26録音3
来年は奄美ツアーに行くぞ〜っ!!

皆さま、どうぞよろしくお願いします。

とっても楽しい「奈美HEY!BAND」
聴いてねっ。

ライブ呼んでくださ〜い!



 前の日、僕が山から採ってきた「ならたけ」というキノコとうどんや、野菜をたくさん入れた鍋にして、空腹を満たした。楽しいレコーディングだった。

2010/10キノコ


 今日は台風が関東に接近中。
そんな中、今夜7時30分から西荻窪の「音や金時」でライブだ。

メンバーは、フリージャズのコントラバスフルート奏者の天田透と、
タブラのシゲジー(森山繁)と僕の3人。

嵐なので、生まれる音もちょっとパワフルになるかも・・・

みなさん!アラシニマケズに来てください!!



☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキング

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

JUGEMテーマ:No Music, No Life
posted by Anjali Music | 18:13 | 公朗の日常秘話(メールマガジンより) | comments(0) | trackbacks(0) |
暑さで考えたこと

hibiscus / Takayukix
 


両親が健在のころ、
生まれ故郷の四国の実家に戻るたびに
感じたことは、

「あ〜、ここは亜熱帯気候だ〜!」

実家は、暑くて湿度も高く、
家の中では沢ガニが歩いている。

長く信州に住んでからというもの
湿度があると不快に感じるようになっていた。

俺はこんな南国特有の気候のなかで育ったんだなあ・・と
その感覚を思い起こそうとする。


8月末から甲府の山中に借りた家に来ているが、
市内よりも暑さは和らぐが、やはり暑く
沢ガニが家の中に入って来る。
1年ほどで、信州よりも湿気のある甲府の気候にも慣れてきた。

しかし、
今年の暑さは、気候そのものが確実に変化して来つあると
実感させられる。

野菜もうまく育たない。
なぜか、カボチャだけは勢いがいい。
寒くなるより、暑くなるほうが僕は好き。
このまま進むと、日本中熱帯化して
いろんな問題が生じてくることは容易に想像できるが、
暑さのせいで、少しスローペースに戻り
そのおかげで、ギスギスしたものが取れて
南国特有の明るく、のんびりとした生活を始める人が
増えてくれば良いなあ・・と思う。

9月12日の東京、西荻窪の「音や金時」ライブは
奄美の唄者、牧丘奈美ちゃんと
僕の息子の快と僕の3人。
南国の熱い音を届けられればと思う。

みんないもれよ〜(みんなおいでよ〜)


☆9月12日(日)
<ラーガにたゆたう島唄>

伊藤公朗:シタール 
牧岡奈美:奄美島唄   
伊藤快:ギター 

at:音や金時 

杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1  
 Tel:03-5382-2020

start:19:30
charge:¥2600+オーダー

お待ちしています!!




☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキング


posted by Anjali Music | 07:15 | 公朗の日常秘話(メールマガジンより) | comments(1) | trackbacks(0) |
アンジャリライブとフリーダムセッション

 先週の18日、日曜日に東京国立市の「奏」という音楽茶屋で
久々にアンジャリライブをした。

タイトルは店の主人が考えてくれた「伊藤家のラーガ」
・・・きっと、何も考えてないと思うけど。

かみさんの美郷と、長男の快との3人組。
インド古典(これは僕のソロ)と、オリジナルと
枠にとらわれない演目。

最後に久しぶり<アッチャーブルース>を、快と演奏した。

僕の詩に、快が曲をつけた。
初めてインドへ旅立った男(女でもいい)の話。
けっこう長い詩を書いたけど、曲に乗せにくい詩なので
まだ3番目までしか歌ってくれない・・・

いずれは全部の詩が歌われる日が来ると思うが、
そうなれば・・
まさに、一大叙事詩である。


今週末の金・土、23日と24日は
日本橋のモロッコ茶房&雑貨店「ダリア」と、
原宿のオーガニックレストラン「MOMINOKI HOUSE」で
ベルリン在住のバスフルート奏者、
天田透氏とのフリージャムセッション。
(フリーダムセッションでもいい。)

天田氏はもともとクラシックの世界から、
はじけ飛んだバスフルート奏者。

ジャンルを超え、紡ぎだす音は
ジャズから、クラシックからと、
まさにジャンピングジャック天田節。
(何のことかわからないけど・・)

コントラバスフルートは常識ある人だったら、
選ばないような(笑)
大きな4の字型をした不思議なかたちをしている。
また天田氏が復元した古代笛も、
彼の手にかかれば、様々な音が紡ぎだされる。

どういう新しい音が生まれるのか・・
僕も楽しみにしている。


☆天田透氏とのフリーダムセッションの詳細は:
今週末はコントラバスフルートとのフリージャズ



☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)
ブログ右の『クリック募金」にも ぜひご協力をお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキング

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!
posted by Anjali Music | 10:39 | 公朗の日常秘話(メールマガジンより) | comments(0) | trackbacks(0) |
ときどき猫になりたい・・!?
うちのポンちゃんは、
1日中気持ち良さそうにゴロゴロして・・
気が向けば、外に出て草むらに潜み
モグラとか、虫を追いかける。

世の中どう移り変わろうが、
関係ない。

毎日好きなことをして
優雅に生きている。

よって、
当然!
病気とは無縁である。

・・・この愛らしいポンちゃんのおかげで
僕は、カミさんから
こう言われる・・・

「毎日好きなことしかしないもんネ!
病気になるハズがないよ、まったく!!」

犬を見てても、犬になりたいと思ったことはないが
猫を見てると、ときどき
「ちょっと代わって!」と、
思うことがある。

これは、あくまで飼い猫の話。
ノラ猫を見て、
「あ〜猫になりたい」と、思い始めたら
もう人生アウト!
 
しかし、これも僕の勝手な思い。

最後に
これだけは、自信を持って言えるけど、
猫は「人間になりたいなあ〜」とは、
ゼッタイ思わない、と思う。
 (文:公朗)

参考URL:
ガイアのうた(うちのポンちゃん)
http://gaia-song.jugem.jp/?cid=9


本日西荻窪「音や金時」での、毎月恒例の北インド古典音楽ライブです!!

ぜひお出かけくださいませ。
お待ちしていま〜す!

シタール:伊藤公朗 http://www.anjalimusic.jp/
タブラ:吉見征樹:http://sound.jp/tablin/

at: 音や金時 杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1 Tel:03-5382-2020
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

start::19:30  
charge:¥2300

☆伊藤公朗mixiコミュ:http://mixi.jp/view_community.pl?id=1291654

メールマガジン<シタール奏者伊藤公朗のライブ情報&日常秘話>
毎月2回発行しています。


☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)
ブログ右の『クリック募金」にも ぜひご協力をお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキング

posted by Anjali Music | 10:59 | 公朗の日常秘話(メールマガジンより) | comments(0) | trackbacks(0) |
個性いろいろ

コバンザメ
コバンザメ posted by (C)トリスケ


 先日ライブからの帰りに、助手席に座っている息子から
「おっこ(息子たちから、こう呼ばれている)の運転は、
ジェットコースターみたいな怖さがある・・」と、言われた。

すかさず、「じゃあ・・おかあちゃんの運転は?」と聞くと、
「う〜ん、お化け屋敷的な怖さ。何が起こるかわからない・・」という返事。

同感!

まあ、車の運転ひとつにしても個性がある。

知人のTさんは、ノロノロすぎてすごく迷惑な運転をする。
お店を探す時なんか、道路の真ん中で停まって
キョロキョロ探したりする。

おまけに車酔いするから、たまらない。
ゲロを吐きながら、ノロノロ運転しているのに出くわすと、
まさにホラー的な怖さである。

また、前の車が遅いので追い越すと、
何を思ったのか、急にスピードをあげて追い越そうとする車がいる。
これなんかは、出る釘は打て!みたいな、
モグラ叩きタイプである。

 以前信州の山のなかに住んでいた時には、
方向指示器の使い方が、まったく逆のタイプの車に何度も出くわしたことがある。
・・だいたい、じいちゃんだが。
左折時には、右のウインカーを、
右折時には、左のウインカーを灯す。

これは、完璧なフェイント型である。

高速道路で節約するドライバー、
これはコバン鮫タイプ。

このコバン鮫タイプの一種で、ほめてあげたくなるのが
前を走っている車のテレビでやってる朝ドラなんかを
一緒に見ているドライバー・・・
これは覗き見タイプ。

いろ〜〜んな人がいて、
人間は実におもしろい。

★今週の土曜日、19日の「音や金時」は
久々にソロライブをします。
北インド古典のアーラープの魅力を追求するひとときです。


at:<音や金時>    
   杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
         Tel:03-5382-2020

start::19:30  
charge:¥2300

お待ちしていま〜す!!


☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)
ブログ右の『1日1円クリック募金」にも ぜひご協力をお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ人気ブログランキング



posted by Anjali Music | 11:04 | 公朗の日常秘話(メールマガジンより) | comments(0) | trackbacks(0) |
ガイアのうたInformation
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
CATEGORIES
NEW ENTRIES
おすすめ本


☆ガンジス河上流の聖地で、ナーダヨギという音楽修行僧に弟子入りした5年間の生活を、綴りました。インドのこと、音楽のことを楽しく語ったとてもユニークな本です。
おすすめCD
Anjaliのうた
<ANJALI BAND初CD
Anjaliのうた>

心をつなぐ歌
<こころをつなぐ歌>

alaknanda
<シタールソロ・ALKNANDA アラクナンダ>

yatri2009
<大地のうた・YATRIヤトリ>
LINKS
MOBILE
qrcode
Search this site